バーチャルオフィスを選ぶ前に知っておきたいこと

バーチャルオフィスとはなんでしょうか

バーチャルオフィスとは、起業などの事業を始める際に最低限必要な住所や電話番号、FAX番号などをレンタルできるサービスのことです。これから起業する方や、副業をはじめようとしている方の中には、利用を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。普通のオフィスと違って業務を行うスペースはなく、郵便物や電話などは、設定した住所や電話番号に転送されるなどの仕組みになっています。オフィスを借りるよりも安くビジネス用の住所が利用でき、法人登記の住所としても利用可能なので、コストを抑えるために利用される方も多いです。

メリット・デメリットはなんでしょうか

まずメリットですが、やはり安い初期費用で最低限のオフィス機能のサービスがそろうということです。事業を始めたばかりだと収入が安定せず、何かと資金繰りが大変です。そのうえ、オフィスを借りるとなると初期費用が多くかかってしまいます。それに比べて保証金や敷金がかからないため、数千円から数万円のコストで借りることができ、初期費用を安く抑えることができます。また、バーチャルオフィスで会社登記し、実際の仕事場を自宅にする場合は、自宅の家賃の一部を経費にすることも可能ですので、節税上の対策になります。このように、多くのメリットがありますが、デメリットもあります。まず、法人銀行口座の開設が難しい、融資が受けられない可能性があることです。法人口座がないと取引ができない企業もありますので、大きなデメリットになります。また、社会保険・雇用保険の申請はできない場合があります。しかし、申請ができた場合もありますので一度確認されたほうがいいと思います。ほかにも、派遣業や古物商などの許認可が必要な業種の場合は許認可を取得できない、複数の会社が利用しているため他社と住所が重複する可能性がある、などのデメリットもあります。業種や企業の規模によっては、必要不可欠なことがデメリットになる場合がありますので、事業を始める前にきちんと把握しておきたい点です。

選ぶ前に把握しておきたい事とは

オフィス選びは重要です。費用が安くすむからなどの安易な理由で選ぶと、事業を拡大する際や、取引先を獲得する際などに、不利になる場合がありますので、注意が必要です。また、バーチャルオフィスのサービスを行っている業者は数多くあり、サービス内容は様々です。電話代行や秘書代行のみのだけ場合や、電話応対サービスを行っているところなど様々です。選ぶ場合は、本当に実際のオフィスを持たないで大丈夫か確認することはもちろんですが、事業を行うにあたり必要なサービスがそろっているか、把握しておくことが大切です。

ピックアップ記事一覧