バーチャルオフィスのメリットとデメリット

バーチャルオフィスのメリットについて

バーチャルオフィスとは、実際には事務所を持つことなく、オフィス機能のみを低価格によって受けることが可能なサービスとなっています。そして、オフィス機能とは、事業を営んでいくのに必要な機能のことを指しています。例としては、会社の住所や電話番号、FAXや顧客対応を行っている場所等がオフィス機能になっています。つまり、一般的に起業する場合には、一から事務所を借りた上で、電話を引いて、必要なデスクなどを揃えれば、100万円程度はかかってしまうでしょう。しかも、その費用にプラスした上で資本金や登記の為の費用に関しては掛かってきます。また、起業後においても半年から一年には利益が出にくいといわれていますから、準備にはあまりお金をかけられるわけではないでしょう。つまり、そのような場合に、これらである場合には低価格にてビジネスにおいて必要なサービスを一式受けられるようになります。

業務が開始されるまでの早さについて

また、ビジネスに対して必要なサービスを安く受けることが出来てしまうばかりでなく、その早さに対してもメリットの一つであり、事務所を新規にて借りた場合には、入居審査や電話回線工事、インターネット回線開設等に関しては業務が開始することができるまで約一か月かかってしまいます。ただし、これらの場合には電話回線やインターネットなどについては契約日から利用することができ、審査から数えても、約一週間にて業務が開始することができます。また、起業の際には、自宅で仕事をしようと検討されている方もたくさんいるでしょう。ただし、自宅を登記場所にすれば新規開業している企業は調べればわかってしまいますので営業が突然訪問して来たり、住所が世に広まってしまうでしょう。つまり、そのような事を防いでいくため、登記場所としてこれらを借りるのは有効となります。なお、起業当初から通常の事務所に関しては借りられないような一等地にて、バーチャルオフィスの場合には登記することもできるようになります。したがって、上手に使うと、一等地においての登記により、顧客からイメージアップもできるでしょう。

社会保険や雇用保険の申請に関しては面倒です

また、会社法において帳簿や資金台帳など必要書類による保管が義務づけられており、この場合には、保管場所はあるのかと聞かれてしまう場合があります。つまり、保管場所に関しては自宅でもできますので、ネット上において言われてしまうほど面倒ではございません。また、近年において振り込みに関するトラブルなどによって悪用されている口座がこれらによって登記されているものがよくあることから、これらによっての法人口座の開設については難しくなっているらしいです。ただし、半期を過ぎている頃に試算表などを持っていけば業務の実態についてはわかりやすく口座についても開設しやすかったり、これらの運営会社によっては銀行を紹介してくれたりもしますので確認しましょう。なお、きちんと必要書類を提出した上で、事業内容など説明をすることができれば口座の開設については難しくないらしいです。しかし、派遣業や不動産等に関しては、業種によっては許認可を得ることができない可能性があり、設立している会社の業種については、これらについても許認可を取得することができるかをあらかじめ調べましょう。なお、将来的に行っている可能性がある業種についても念頭に置いておくようにしましょう。

ピックアップ記事一覧